ブリューゲル 絵画

ブリューゲル

Add: yxoxi34 - Date: 2020-12-10 06:41:34 - Views: 9110 - Clicks: 8765

『 ネーデルラントの諺 』(1559年). ピーテル・ブリューゲル・エルダー、通称 「ブリューゲル」「ブリューゲル(父)」 (〜1569年9月9日)は、オランダ・フラマン・ルネサンス絵画の最も重要な画家、版画家。. org/en/pieter-bruegel-the-elder/children-s-games-1560 アントワープの街中を連想させる広場に、総勢約250人もの子供たちが遊んでいます。 その遊びの数は90種類以上。 ひとつの場所でこのようなことが可能かと考えると現実的ではありませんが、ルネサンス期の人文主義者たちが理想とする、遊びで成長する子供の世界をブリューゲルならではの視点で描き出しました。. 最初の農民画家といわれるゆえんであり、「百姓ブリューゲル」の通称もここからきている。 現存する作品のうち、版画に比して油彩画は50点に満たない。�. ピーデル・ブリューゲルによる絵画作品《子どもの遊戯》の解説。本作品は1560年から1560年に制作され、美術史美術館に. ピーテル・ブリューゲル(Pieter Bruegel de ブリューゲル 絵画 Oude, 1525年-1530年頃生 - 1569年9月9日没)は、16世紀のブラバント公国(現在のオランダ)の画家。「ペーター」あるいは「ペーテル」と表記されることもある。 同名の長男と区別するため「ブリューゲル(父、または老)」と表記されることが多い。. 1567年 52×78㎝ ミュンヘン アルテ・ピナコテーク蔵 ブリューゲルの寓意を主題にした作品です。寓意画とは聖書に出てくる物語や諺などを、日常の情景を通して登場人物や事物を象徴として描き、人間の罪や愚行の戒めが描かれた絵のことです。 そしてここに描かれているのは怠惰と暴飲暴食といった『大食』という罪。 食べたいだけ食べ、働かずに居眠っている男たちは、僧侶、農夫、兵士たちです。 しかしこの絵では『盲人の寓意』のようにその後彼らに下される懲罰については描かれておらず、ただ彼らの滑稽さだけが描かれています。 このほか中央下の「食べかけの卵」は「精神性の不毛の象徴」であり、左上の「お菓子に覆われた屋根」は「豊富で有り余ること」右上の「腹にナイフが突き刺された豚」は「事はすでに決められている」といった諺などがあちこちにちりばめられています。.

122×170㎝ 1568年 ナポリ カポディモンテ美術館蔵 盲目というテーマはブリューゲルの作品に度々登場します。この絵は聖書マタイによる福音書第15章14節の「もし盲人が盲人の手引きをするなら、二人とも穴に落ち込むであろう」という言葉にもとづいています。ここでは背景の聖堂が「信仰」を象徴し、「盲人」たちその聖堂に背を向けていて真の信仰に目をつぶるものを象徴しており、彼らを待ち受ける不幸を恐ろしいイメージの比喩で表現しています。. 5㎝ ウィーン美術史美術館蔵 主イエス・キリストの死からの復活を記念する祝日(復活祭)の前の40日間、受難者イエスを偲び肉食や祝祭を自粛する修養期間が『四旬節』。それに先立つ肉食などの禁則事項との告別を行う祭事『謝肉祭(=カーニバル)』を主題に人間の愚かさを描いた作品です。ヒエロニムス・ボッスの『快楽の園』の影響が窺え、ところ狭しと群衆の様々な行為や愚行が緻密に描かれています。驚くべきことにここに描かれている様々な奇形乞食の病名が現代医学から正確にわかるそうです。. ピーデル・ブリューゲルによる絵画作品《農民の踊り》の解説。本作品は1568年から1568年に制作され、美術史美術館に所蔵. ブリューゲルの代表作と言えば、先にも述べたようにバベルの塔ですが他にも、ことわざをネーデルラントのことわざを絵にした『ネーデルラントのことわざ』 (ベルリン美術館所蔵)などがあります。. org/en/pieter-bruegel-the-elder/the-wedding-dance-in-the-open-air 《農民の婚礼の踊り》(1566年頃)デトロイト美術館 ルネサンス期にネーデルラントで活躍した画家、ピーテル・ブリューゲルですが、生年や出生地は未だはっきりとわかっていません。 1525〜1530年頃にブレダ近郊のブリューゲル村で生まれたと伝えられるのみで、どんな幼少期を過ごしていたのかも不明ですが、10代よりアントワープ(アントウェルペン)の画家ピーテル・クック・ファン・アールストのもとで絵画の勉強を始めたようです。 1551年にアントワープの画家組合に加入したブリューゲルは、翌年、当時の慣習に従いイタリアへの修行旅行に向かいました。 2年以上のイタリア滞在から帰国後、版画出版業者ヒエロニムス・コックのもとで、版画の下絵画家として働くことになります。 コックによって刊行されたブリューゲルの「大風景画」シリーズや、15世紀末の巨匠ヒエロニムス・ボスの作風をイメージした版画は大人気となり、成功を収めました。 1563年、結婚を機にブリューゲルはアントワープからブリュッセルへ移住し、この地で彼の主要作品となる油彩画の多くが制作されました。 ブリューゲル 絵画 「農民画家」と呼ばれる作風も、この時期に円熟期を迎えたことにより生み出されるのです。 1569年9月、若い妻と4人の子供を残し、ブリューゲルは病死しました。まだ40代前半であったと考えられます。 絵画制作の期間は10年にも満たない生涯でしたが、現在まで知られている40点ほどの油彩画は、世界中の名だたる美術館に展示され、訪れる人々を魅了し続けています。. 作品名:東方三賢王の礼拝 Title:Adoration of the Magi 作者:ピーテル・ブリューゲル(父) Artist:Pieter Brueghel the Elder 制作年:1556年頃 種類:テンペラ、キャンバス 寸法:122cm×168cm 所有者:ベルギー王立美術館. 作品名:謝肉祭と四旬節の喧嘩 Title:The Fight Between Carnival and Lent 作者:ピーテル・ブリューゲル(父) Artist:Pieter Brueghel the Elder 制作年:1559年 種類:板、油彩 寸法:73. · ・ブリューゲルとフランドル絵画をより深く知るための日本語参考文献 ・関連画家、技法の用語解説 『ブリューゲルの世界―目を奪われる快楽.

5×112㎝ ブリュッセル王立美術館蔵 ブリューゲル 絵画 ブリューゲル初期の代表作で、古典神話をもとにした唯一現存する作品です。 イタリアから帰国してすぐの頃の作品と思われます。 翼をもつ少年イカロスが、空高く飛びすぎて太陽に焼かれて墜落するという神話がモチーフですが、その扱いは非常に小さく、画面右下に海に落ちて下半身だけが描かれています。前景に描かれえる農夫や羊飼いなど、誰一人イカロスに気づいていないようです。 日常的な農耕の様子と輝く海に出向しようとする帆船などが、ブリューゲル初期の特徴である高い視点から見た広々とした平和で長閑な風景が広がっています。 人の野心のむなしさ、世界に対する人間の無知の戒めが語られています。. 1563年 ウィーン 美術史美術館蔵 昨年日本でも公開されたのでおそらくもっとも人気があり有名な作品でしょう。 あまりにも細部にわたって細かに描写されているのでいつまで見ていても飽きることはありませんね。 バベルの塔は旧約聖書創世記に記されている伝説の建造物です。『ノアの箱舟』のノアの子孫二ムロデ王が、自身の力を誇示するために天に届かんばかりの高い塔を作ろうとしました。その様子を見た神は怒り、人間の驕りを罰するため同じ言葉を話していた人間の言葉を通じないようにさせ混乱させたという物語です。 また昔からこの塔は自尊心の象徴で、ブリューゲルにとっても人間の虚栄心を意味していました。 足元に広がる風景と都市は想像の残物ではなく、ブリューゲルが実際に入念に周囲の土地を観察した結果に基づいています。構図自体は実際の場所を表しているわけではありませんが、事実に基づく典型的なネーデルランドの景観が広がっているのです。. 5㎝ ベルリン国立美術館蔵 諺や比喩、格言を主題とした絵画はブリューゲルの時代人気がありました。 それらは大きく分けると、人の愚かなふるまいを示すものと、人間の罪深さを表現するものです。 ブリューゲル絵画でもよく知られるこの作品には、当時のネーデルランド地方のことわざや格言が80以上(一説には120以上)も描かれているそうです。人間の持つ本質的なエゴイズムや欺瞞などを表していることが多く、その一つが画面中央下部で赤い衣服の若い女性が、老夫に青いマントをかけている場面です。青いマントは裏切りや欺瞞を表していて、この行為が若い妻が夫に対する肉体的裏切りや金銭目的の結婚であったことなどが表現されているのです。 他にも左下では豚が酒樽の栓を引っこ抜いていてこれは「大食」を意味し、その前で男が壁に頭をぶつけています。これは『無駄骨を折る』という諺。.

ピーテル・ブリューゲル Pieter Brueghel the Elder. 国際的商業都市として栄えた時代のアントワープに住み、人文主義者の学者や実業家との付き合いから刺激を受け成長していった教養人ブリューゲル。 「農民画家」と呼ばれるまでに農村の生活を描くことに熱心だった彼の望みは何だったのでしょうか。 都会の生活に飽きて、少し田舎の暮らしを体験してみたいというような、上から目線なのかとも思っていました。 しかし、ブリューゲルの絵画にじっくり向き合ってみると、身分に関係なく、人間一人一人の人生を丁寧に描いていく彼の姿が浮かび上がってきました。 宗教も日常も分け隔てなく結びつき、人間が人間らしく生きることを願い、ブリューゲルは絵画作品の中に溢れるほどのメッセージを残しました。. こんにちは! 今回は、ブリューゲルの《バベルの塔》について解説します! 早速見ていきましょう! バベルの塔 ブリューゲルはバベルの塔を3点描いています。 ブリューゲル 絵画 そのうち、最初の1点は残っていません。 残る2点の大きな違いはそのサイズです。 ピーテル・ブリューゲル《バベルの塔》1563年. 素朴な画風ながら壮大なパノラマが展開するダイナミックな構図。 一言では表現できないブリューゲルの絵画は、見始めると目が離せなくなるような、興味の尽きない魅力的な作品ばかりです。 堅苦しい知識は必要ありませんが、宗教と世俗が交じり合う、独特な世界を少し解説していきます。.

中世ヨーロッパの 風景画や農民の情景(風俗画)を大規模なサイズの絵画で描いた ことで知られる。. 数年間のイタリアでの修行の後、1555年に帰国、ヒエロニムス. 洗礼者ヨハネの説教:ブリューゲルの世界 この絵は洗礼者ヨハネの説教に借りて、同時代のプロテスタントの集会を描いたのだと解釈されている。 ヨハネはネーデルランドで優勢な再洗礼派の宗教的な支柱であった。 Anthony 作者:ピーテル・ブリューゲル(父) Artist:Pieter Brueghel the Elder 制作年:1557年 種類:板、油彩 寸法:59cm×86cm 所有者:ワシントン・ナショナル・ギャラリー. 『 叛逆天使の墜落 』(1562年). 作品名:ナポリ湾の戦い Title:Hafen von Neapel 作者:ピーテル・ブリューゲル(父) Artist:Pieter Brueghel the Elder ブリューゲル 絵画 ブリューゲル 絵画 制作年:1560年 種類:板、油彩 寸法:42.

2cm 所有者:ドーリア・パンフィーリ美術館(ローマ). - 1569年)による油彩画である。制作年は1562年頃と推定されている。マドリード・プラド美術館所蔵。. 9cm 所有者:ティムケン美術館. ピーテル・ブリューゲル Pieter Brueghel the Elder:16世紀に活躍した画家、素描家、銅板下絵画家。ヤン・ファン・エイク以来となるネーデルランド絵画の巨匠となった。ヒエロニムス・ボス風の幻想や奇怪的な作品を制作。. ピーテル・ブリューゲル『ネーデルラントのことわざ』には、100以上のネーデルラントのことわざが表現されています。描かれた人々一人ひとりに意味があり、それぞれがことわざを表しています。たとえば「尻に火がつく」「猫の首に鈴をつける」「ひとつの頭巾に2人の阿呆」「大きな魚は小さな魚を食う」などは日本人である私たちにも容易に意味を想像できるのではないでしょうか。 作品名:ネーデルラントのことわざ Title:Netherlandish Proverbs 作者:ピーテル・ブリューゲル(父) Artist:Pieter Brueghel the Elder 制作年:1559年 種類:板、油彩 寸法:117cm×163cm 所有者:ベルリン美術館(ドイツ). 1565年 ウィーン 美術史美術館蔵 6点からなる連作月暦画のうちの一つ。おそらく一月を表す荒涼とした冬景色です。中世の時祷書に見られるような美しい世界が広がっていて、遠方には峻厳にそびえたつアルプスが見えます。 雪に覆われたまっ白な景色と樹木や人物、空を舞う鳥たちのほぼ黒に近い暗色が水墨画のようでもあり、冬の冷気と静けさをも感じさせます。 狩りを終えて犬たちを連れて森から町に戻ってきた狩人たちが、街をみてほっとしているところでしょうか。犬や狩人たちは首を垂れて厳しい狩りの旅を物語っている反面、遠くの凍った湖でスケートに興じる人々が対照的に描かれています。. ルネサンス期の版画や書籍の挿絵で展開された幻想的で無政府状態の世界も同じ.

作品名:種まく人の譬え Title:Parable of the Sower 作者:ピーテル・ブリューゲル(父) Artist:Pieter Brueghel the Elder 制作年:1557年 種類:板、油彩 寸法:73. ブリューゲルの絵画はふたつの系統に大別される。 ひとつは「農民画家ブリューゲル」の作品群で、農民たちの日々の生活を描いた風俗画的作品や庶民の生活の知恵とも言うべき諺を主題にした寓意画風な作品がこれに含まれる。. ピーテル・ブリューゲル『子供の遊戯』は、ボール遊びや馬飛びなど80種類以上もの遊戯や260人あまりの人々が描きこまれた油彩画です。世俗的な主題を詳細かつユーモラスに描き出しており、俯瞰で見た風景の中に庶民の暮らしが描きこまれており、当時のネーデルラントの風俗を窺い知ることができます。 作品名:子供の遊戯 Title:Children’s Games 作者:ピーテル・ブリューゲル(父) Artist:Pieter Brueghel the Elder 制作年:1560年 種類:板、油彩 寸法:118cm×161cm 所有者:ウィーン美術史美術館(オーストリア). 5cm×112cm 所有者:ブリュッセル王立美術館.

ヤン・ファン・エイク 以来となるネーデルランド絵画の巨匠となった。. More ブリューゲル 絵画 videos. ブリューゲル一族は他にも多くの画家を輩出している。もっとも、父ブリューゲルが没した時、長男は5歳、二男は1歳であって、父から直接絵画の手ほどきを受けたわけではない このページでは父ブリューゲルと長男ブリューゲルについて紹介します。. 『 死の勝利 』(1562年頃). 作品名:イカロスの墜落のある風景 Title:Landscape with the Fall of Icarus 作者:ピーテル・ブリューゲル(父) Artist:Pieter Brueghel the Elder 制作年:1560年代 種類:板、油彩 寸法:73. | 不明(ネーデルランド) | 初期ネーデルランド絵画. 『死の勝利』(しのしょうり、蘭: De triomf van de dood, 英: The Triumph of Death)は、ルネサンス期フランドル地方の画家ピーテル・ブリューゲル(1525年?

メトロポリタン美術館 の キュレーター であるナディネ・オーレンシュタインは、ブリューゲルが『バベルの塔』制作の10年ほど前にローマを訪れてコロッセオの遺跡を描いており、そのドローイングを参考にして『バベルの塔』が描かれたのではないかと推測するが、断定できるまでの見解ではないことも併せて表明している 。. デューラーと並び北方ルネサンスを実現し、近代絵画の原点を創ったのが、ブリューゲルである。「農民画家」と呼ばれた。現在のベルギー、リンブルク州に生まれたと推定される。 「農民」という異名は、ブリューゲルには似つかわしくない。. ブリューゲルの「バベルの塔」は、旧約聖書の冒頭を飾る「創世記」にでてくる建物のことですが、いわゆる宗教画とは思えないほど当時のリアルさ満載の描写です。実は、2点あるんです。でも、この2点は、画風が全く違います。ひとつは、人物が登場する物語性の強い宗教画、もう一つは. 1567年 108×156㎝ ウィーン美術史美術館蔵 聖書の使徒列伝に出てくる話を描いたブリューゲル晩年の作品です。 サウロがキリスト教徒を迫害しようとダマスクに向かう途中、突然天から光が差し込み失明し落馬してしまいます。サウロはその時「なぜ私を迫害するのか」というイエスの声を聞き、回心してキリスト教徒になりました。 構図は隊列にいる歩兵の視点から描かれており、ここでも主人公であるサウロは大変小さく描かれ(中央右手で落馬している)、強い遠近感をもって峻厳な山と遠くに広がる風景がダイナミックに描かれています。この風景はブリューゲル自身のアルプス越えの旅の記憶から着想を得たものと思われます。. 『死の勝利』(ヤン・ブリューゲル(ブリューゲルの息子です)の複製、1597年、ヨアネウム州立博物館所蔵) お父さんのものよりも少し幻想的かな? 参考文献. ブリューゲル以前の版画でも、諺を描いている作品が存在します。 絵画を眺めるだけでも楽しいですが、内容を知るともっと楽しくなります。以下の「ブリューゲルの諺の世界」という書籍が参考文献になります。.

ピーテル・ブリューゲル・エルダー、通称 「ブリューゲル」「ブリューゲル(父)」 (〜1569年9月9日)は、オランダ・フラマン・ルネサンス絵画の最も重要な画家、版画家。. 『 イカロスの墜落のある風景 』. ピーテル・ブリューゲル『叛逆天使の墜落(反逆天使の墜落)』は、善と悪を主題に天使と堕天使の戦いを描いた宗教画です。堕天使たちは人間の姿に動物や虫などを組み合わせた気持ちの悪い姿で描かれており、天使は堕天使に向かって剣を振るいます。画面中央で甲冑をまとっているのは大天使ミカエルです。混沌とした世界に蠢く堕天使たちにはヒエロノムス・ボスの影響が見て取れます。 作品名:叛逆天使の墜落(反逆天使の墜落) ブリューゲル 絵画 Title:The Fall of the Rebel Angels 作者:ピーテル・ブリューゲル(父) Artist:Pieter Brueghel the Elder 制作年:1562年 種類:板、油彩 寸法:117cm×162cm 所有者:ベルギー王立美術館. 『 子供の遊戯 』(1560年). ブリューゲルと妻マイケンとの間には、4人の子供が生まれました。 父ブリューゲルが他界した時、まだ幼かった息子2人は、母方の祖母に絵の手ほどきを受け、跡を継ぐように画家となり、ブリューゲル一族を築くことになります。.

『雪中の狩人』(せっちゅうのかりゅうど, 蘭: Jagers in de sneeuw, 英: The Hunters in the Snow )とは、ルネサンス後期の風景画家、ピーテル・ブリューゲルの代表的な油彩画である。ブリューゲルは、日常的な農村の風景と農民の姿を、優しいまなざしでキャンバスに描き、「農民ブリューゲル」と呼ばれた。. 作品名:聖アントニウスの誘惑 Title:Temptation ブリューゲル 絵画 of St. 貴重なプライベートコレクションで辿る画家一族の軌跡.

org/en/pieter-bruegel-the-elder/hunters-in-the-snow-1565 ブリューゲルを語るうえではずせない冬景色を描いた有名作品。 厚い雲と深い雪に覆われたフランドル地方。 左手前の3人の狩人と、しょんぼりうなだれた猟犬たちが見下ろす先には、凍った池でスケートやホッケーを楽しむ村人や子供たちの姿があります。 その奥のアルプスを彷彿とさせる切り立った山岳風景まで見渡せる構図は、ブリューゲルならではの技術と描写力の結集です。. 描いたのはピーテル・ブリューゲルというオランダの画家です。1 1525年生まれ、1569年没、とされています。�. ブリューゲルの唯一人間臭いエピソードである。 ブリューゲルは二男一女に恵まれた。長男ピーテル、次男ヤンも画家となったが、二人とも幼いころに父ブリューゲルを亡くしているので直接絵画を学んではいないようだ。.

See full list on art-whitecanvas. 1(日) 東京都美術館にて開催「ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜」公式サイト。. 5cm ウィーン 美術史美術館蔵 これもブリューゲルの有名な作品ですね。古今東西結婚式というのはお目出たいお祭りです。長いテーブルを挟んで楽し気に会話や食事に興じる当時の人々や楽団が演奏する陽気な音楽が聞こえてきそうです。供される食物やお酒も丹念に描かれているところから暴飲暴食を戒める意味も込められているかもしれません。 ブリューゲルの代表作⑩ 「農民の踊り」 1568年頃 114×164cm ウィーン美術史美術館蔵 ブリューゲルの作品の中でも農村の情景が最も生き生きと描かれたものかもしれません。 祭りの市の日か、聖人祝日の行事の様子が描かれています。 楽し気に踊る男女、それに早く加わろうと急ぐカップル。飲みすぎた酔っ払いなどどれも微笑ましく感じますが、この楽し気な絵にもブリューゲルは「信仰の軽視」、「情欲」、「怒り」、「大食」といった人間の愚行や罪を戒めをこめて描いています。 【ブリューゲルに関するこのほかの記事】 ・北方ルネサンスの巨匠ブリューゲルの生涯と作品をご紹介します。.

ブリューゲルの作品においても またこのことは当てはまるかと思います。 ブリューゲルの作品は 一目見て「うわぁ きれい!」というものではありません。 それにもかかわらず 彼が巨匠といわれ 彼の作品が名作とされるのはなぜなのでしょうか?. See full list on muterium. 楽天市場:絵画販売のアート名画館の作品カテゴリー > ルネサンス美術 > ブリューゲル一覧。楽天市場は、セール商品や送料無料商品など取扱商品数が日本最大級のインターネット通販サイト. 1565年 118×161㎝ ニューヨーク メトロポリタン美術館蔵 一年を通して農民の生活を描いた連作月歴画の一つです。1年を2月ずつ計6枚で構成されており本作ではそのうち穀物の収穫時期である8,9月を描いたものと思われます。ブリューゲルの友人でアントウェルペンの裕福な金融商人ニコラース・ヨンゲリンクの邸宅の装飾画として制作されました。 のどかな田園風景とそこに暮らす農民の姿が生き生きと、物語の一場面のように描かれています。緻密な細部の描写から、当時の服装や道具、食生活までが分かります。 暑い夏の終わり黄金色に輝く小麦の収穫に精を出す農民たち。木陰で休み食事をとる者などありふれたのどかな田園の日常が詩情豊かに描かれています。 鑑賞者の視線は右手前の人々から小麦畑を抜け、遠景へと導かれる構図は、広々とした世界を感じさせます。. ピーテル・ブリューゲル『悪女フリート Dulle Griet』は、意地の悪い悪女の蔑称であるフリートを主題にした油彩画。中央手前を左に向かって進んでいるのが悪女フリートで、右手には剣、左手には盗んできた品物を抱えています。炎が燃え盛る街の人々は争いを起こし、人間の顔を模した建物は地獄の口、奇妙な生き物たちは人間の男性を具現化したものだといわれています。 作品名:悪女フリート Title:Dulle Griet 作者:ピーテル・ブリューゲル(父) Artist:Pieter Brueghel the Elder 制作年:1561年 種類:板、油彩 寸法:115cm×161cm 所有者:マイヤー・ファン・デン・ベルグ美術館(ベルギー). org/en/pieter-bruegel-the-elder/christ-carrying-the-cross-1564 十字架を担ぎゴルゴタの丘を目指すキリスト。 聖書に基づき描かれることの多いモチーフですが、ブリューゲルのこの作品では、まず「キリストはどこ?」と目を凝らし探すところからはじまります。 キリストは大きく一番目立つように描かれることがあたりまえという思い込みのせいで、民衆と同じサイズで中央に埋もれているキリストを見つけ出すことに時間がかかるのかもしれません。 画面手前に大きく描かれた聖母と仲間たちの嘆く姿は、従来の宗教画を彷彿とさせますが、より一層、中景の人間模様が生々しく現実的に見えてきます。.

5cm×112cm 所有者:ウィーン美術史美術館. ピーテル・ブリューゲルは、ネーデルラントの世俗を反映した絵画や寓意画、宗教画などで知られる 北方ルネサンス の画家です。. See full list on bijutsufan.

ブリューゲル 絵画

email: vohoqi@gmail.com - phone:(231) 347-7802 x 1462

体調 意味 -

-> 花子 と アン タイトル
-> フジコ ヘミング 海外 評価

ブリューゲル 絵画 - メニュー


Sitemap 1

猫 宮 ひなた シロ - ぬらりひょん